まんがLivreについて☆管理人からのメッセージ

まんがlivre

当ブログ、まんがLivreにお越しいただきありがとうございます!

管理人、准凪です。

子供のころから本を読むのが大好きで、漫画は寝る間を惜しんで読む毎日。

ドラゴンボールの連載が始まったとき小学生だった、という世代です。

漫画って、今の自分とは違う世界をたくさん体験できるから本当に好き。

特にいろんなシチュエーションの恋愛ものを読んでは、きゅんきゅんしてます。

最近は、BLも好きになりつつあり…。

そんな毎日なので、読んだ漫画の情報をまとめておきたいなと思ってこのブログを作りました。

まんがlivreについて

ブログのタイトル、まんがlivreの「livre」はフランス語で「本」という意味です。

まんがlivreでは、

  • おすすめ漫画をジャンルやシチュエーションでランキングにまとめて紹介
  • 作者別のおすすめ漫画を紹介
  • 使いやすい電子書籍ストアとお得な使い方を紹介

の3つの柱でブログを書いていきます。

管理人准凪と漫画

私は「本」と名のつくものなら何でも好きで、友達や親戚のうちに行っても、その家にある本をまず読む、というタイプの子供でした。

15歳年上のいとこがいて、その家にあった少年ジャンプやコミックを読み始めたのが漫画との出会いです。

小学生のころ好きだった漫画家は、年の離れたいとこの影響で、いがらしゆみこさん、里中満智子さん。

いとこのうちには毎週少年ジャンプがあり、それを読むのも楽しみで!ドラゴンボールやキャッツアイ、シティハンターなどなどを読んでいた記憶があります。

中学時代はあだち充さんと成田美名子さんにはまりました。エイリアン通りやCIPHERが大好きで、今でも読みます。

高校生のころは、いくえみ綾さん、つむぎたくさんが流行っていて、これもいまだに読みます。

その他に歴史ものの漫画が一番好きで。特に北条氏を題材にした湯口聖子さんの作品を、学校帰りの電車のホームで友達と一緒に泣きながら読んでたのを思いだします。

当時は漫画と言えばコミックを買うしかなくて、好きな漫画の新刊が出るのがいつも楽しみで楽しみで。

大学では一人暮らしをしていたので、中高時代に読んだ漫画を全部持って行って、一人で寂しい時は取り出して読んだものです。

電子コミックと出会って漫画ライフが変わった!

大人になってからは、昔好きだった漫画家の本をまとめ買いしては読んでいたのですが、とにかく場所を取って困ってまして。

時折古本屋に持っていって断捨離するんですけど、あとから読みたくなっちゃうんですよね。

ふとした時に、またあれが読みたい!ってなるんです。

でもまた買うとスペースがない…の繰り返し。

そんな時に、電子コミックに出会いました。

最初はスマホの画面で読むのは小さすぎるし、めくる楽しみがないから電子コミックなんて…って思ってました。

でも、昔売ってしまった懐かしい作品たち、最近の様々なシチュエーションの恋愛漫画、異世界ファンタジーなどなど、紙の本を買っていたらきりがない!というくらいたくさんあるじゃないですか。

そんな漫画たちとの出会いで、私の漫画ライフはガラッと変わりました。

確かに紙の漫画の良さはあり、本当に好きなものはコミックで購入しています。

でも、たくさんの漫画に出会うなら、電子書籍のストアは本当に重宝しますよね。

最後に

ちょっと長々と書いてしまいましたが…。

漫画が好きな管理人准凪が読んで面白かった漫画をブログで紹介していきます。

使いやすくてお得な電子書籍ストアの情報も余すところなく伝えていけたらいいなと。

それでは!まんがlivre、スタートします。

管理人・准凪